for UNIVERSITY

大学生に就職活動の心構えを!

就職を希望する大学生に、自己PRと面接に特化したセミナーを実施。面接における効果的な伝え方など、就職活動への心構えを身につけます。

  • 就職氷河期の
    学生を救うために生まれた

    WORKFITはそもそも、2011年度より開始した若者向けの就職応援プログラム「ホンキの就職」として始まりました。リーマン・ショック後で就職氷河期といわれた年に、新卒で内定を獲得できない学生などの若者たちに対し、就活の心構えを伝えるプログラムの提供をはじめました。

  • 企業が求める人材を
    実践練習理解する

    大学生に向けたWORKFITは座学と実践練習を組み合わせ、「自己PR」と「面接」に特化した内容となっています。面接練習では、面接を受ける応募者役、企業側の面接担当者役、面接風景を客観的に見る観察者役に分かれ、それぞれの立場を体感。企業が求める人材とはどういう人なのか、新しい視点から理解し、面接における効果的な伝え方を身につけます。

  • 学年に合わせて
    プログラムの内容を変更

    大学からの要望に応え、新たに大学低学年に向けたプログラムも開発しています。就職をひとつのゴールとして捉えたとき、それぞれの学年で「今、何を実行するべきか」を考え、気づく機会をWORKFITがつくります。

  • WORKFITの輪は海外の大学にも!

    WORKFITは、日本語学科がある大学を中心に、海外5か国の大学で導入されています。プログラムの内容は、現地の企業への就職を目指す学生に向けて、「企業が求める人材」について学ぶものとなっています。各国の大学から高い評価を得ています。

WORKFITのプログラム例 PROGRAM

「1Dayセミナー」の例では、約3時間で以下のようなプログラムを進めていきます。

  • STEP 1

    オリエンテーション

    <講義内容>

    プログラムの趣旨と概要を理解する

    10min

  • STEP 2

    就職活動でよくある3つの課題と解決方針

    <講義内容>

    自分自身の就職活動を振り返り課題を見つける

    35min

  • STEP 3

    面接ロールプレイング①

    <講義内容>

    自分の面接の課題点を見つける

    35min

  • STEP 4

    接点の見つけ方伝え方

    <講義内容>

    接点の重要性を理解し面接で活用できるようになる

    50min

  • STEP 5

    面接ロールプレイング②

    <講義内容>

    学んだことを実践することで面接に自信を持つ

    25min

  • STEP 6

    まとめ・感想共有

    <講義内容>

    1日の気づき・学びを振り返る

    15min

参加者の声 VOICE

  • 30社以上にエントリーしてきましたが内定を貰えず、就職活動に対するモチベーションが下がっていました。このセミナーに参加して客観的な意見を知ることができました。これから視野を広げて前向きに取り組みたいと思います。

  • 私は面接になると緊張して話したいことを忘れてしまうので面接は嫌いでした。これまで30社以上エントリーしてきましたが内定は貰えていない状況です。セミナーを通して周りからアドバイスをいただき救われた気がします。これからなんとか面接官に思いを伝えられるよう前向きに頑張りたいと思います。

WORK FITについてのお問い合わせ

株式会社リクルート サステナビリティ推進室

お問い合わせ
TOP